ルアーインプレ

アクシオンスリムの使い方

悩んでる人

アクシオンスリムでヒラメ釣っている人を見たけどアクシオンスリムってどんなルアー?どうやって使えばいい?どんな動きをするの?ヒラメ釣れるの~?


という疑問にお答えしていきます。


こんにちはつぐたろうです。

今回はDUOのBeach Walkerシリーズ「アクシオンスリムについて解説していきます。


サーフゲームでは定番の人気メーカのDUOのヘビータイプ、リップ付きシンキングペンシルのアクシオンをスリム形状に改良されたのがアクシオンスリムになります。


アクシオンスリムは重量があり投げ易く、かつリップがついているのにシンキングペンシルという変わった特徴をもっていて、とても使い易く、私の好きなルアーです。





記事の内容

DUOのBeach Walkerシリーズ「アクシオンスリム」の特徴、使い方、スペック、水中アクションの映像なども合わせて紹介していきます。






記事の信用性

私は遠州灘サーフ3年目のアングラーです。
豊橋サーフ、田原サーフでヒラメや青物を狙って、サーフ釣行をしています。

そんな私がDUOのBeach Walkerシリーズ「アクシオンスリムにの使い方について解説します。

アクシオンスリムとは

従来のアクシオンからさらに進化したアクシオンスリムはより飛び、よりレンジのキープに特化したルアーに変身してさらに扱いやすくなって再登場。

公式によると

使いやすさの極致。それがロングスリムアクシオン

浮き上がりにくく、レンジキープ力に優れるだけでなく、大きく左右に尻を振り、適度な引き抵抗を感じられる性能はアクシオン譲り。違いはウェイトの2g アップとロングスリムのシルエット。そしてリップの小型化です。まずは振り切れる自重であり、スリム化により飛行時の空気抵抗を軽減しました。ゆえに誰が投げても安定した飛行姿勢と納得の飛距離を得られます。リップの小型化はボトムの擦りにくさに貢献し、リトリーブ時の不快なゴツゴツ感を軽減。より浅いサーフでの使用が可能となり、シンペンが苦手なビギナーはもちろん、ベテランの釣りにも広くマッチします。

出典:DUO Beach Walker Axcion Slim

アクシオンとアクシオンスリムの違い

アクシオンからアクシオンスリムへの大まか変更点はこちら

  • 2g重量アップ
  • リップ小型化
  • ボディースリム化
  • 10mmサイズアップ



従来のアクシオンでは攻める事の出来なかった荒れている状況の攻略に力を入れた設計になっているのかと感じます。

このような変更点が有り、よりノーマルアクシオンよりも飛距離アップ、水中で浮かび上がり難くい設定が見受けられます。

アクシオンスリムのスペック

タイプサイズ
(mm)
標準自重
(g)
フック仕様メーカー希望
本体価格(円)
シンキング10533#4トレブル×2本
1,900

アクシオンスリムのカラーバリエーション

出典:DUO Beach Walker Axcion Slim






水中アクション




水中アクションの映像を確認しておくとルアーをどう使うかイメージしやすくなります。



アクシオンスリムの使い方

ただ巻き

基本ただ巻きでOK。


レンジキープ力がありずっと巻き続けてもなかなか浮かび上がってこないので、ボトムを取ったらあとはただ巻きをするだけでヒラメが釣れます。


ボディがスリムになった事やより重くなった事により、爆風や高波の中でもしっかりと泳がすことができます。


しかし沈下するのが早いので少し早めにリトリーブした方がボトムに擦らない。


アクシオンスリムインプレ

アクシオンスリムの飛距離

アクシオンスリムは細身の形状と33gのヘビーな重量のためとても良く飛びます。


フルキャストで90m、軽く投げても50m~70mくらいは軽快に飛んでくれます。(MHのロッド、PE1号使用)



なんといっても飛行姿勢がいいため、横風、向かい風でも軽快にストレスなくキャストできる。



初心の方でもアクシオンスリムは投げやすいルアーだと感じます。

アクシオンスリムの使用感

アクシオンスリムは33gという重さとシルエットの細さが相まって沈下スピードが早く、

またリップが付いているのでボトム付近に張り付くようにレンジキープをして泳がす事ができるので、簡単にレンジキープをしながらリトリーブができます。



しかしベタ凪などの状況だとリトリーブを早くしないとボトムにお尻を擦ってしまうようで、スローにリトリーブし、魚にルアーを見せる釣りはやりにくく感じます。


また水中アクションを見てもらうと分かるのですがお尻が下がったまま泳ぐようなので、ボトムスレスレをキープし過ぎるとリアフックの針先がすぐになまってしまいますので針先の確認は小まめに行った方が良いです。


スローな誘いが好きな私はリトリーブを遅くしがちなので、どうしてもアクシオンスリムのお尻がボトムに擦ってしまうい、リアのフックの針先がすぐに鈍ってしまいます。



流れが早かったり風が強くドリフトがしっかりできる場合はルアーが浮き上がり、スローな誘いでもいい感じのレンジを意識して引いて来る事ができるので荒れた海ではかなり重宝しています。

まとめ:アクシオンスリムの使い方

  • 良く飛ぶ
  • スリム形状になりさらに浮き上がり難い
  • レンジキープがしやすい
  • 見た目がかっこいい

初心者の方でも投げ易く良く飛ぶ、そして扱い易い。

そんな便利なルアーなのでとてもオススメです。







最後に‥

ポイント

  • 釣りプロはルアーをどう使っている?
  • 釣りプロのルアーの使い分けは?
  • プロのポイント選びは?
  • なぜ自分は釣れないのか?

そんな方には、釣りビジョンVODがおすすめ。

釣りビジョンVODにはYouTubeには載っていない、ヒラメ釣りの第一人者堀田光哉さんのヒラメイトサーフ釣りのハウツー動画など数多くあります。

プロアングラーの方が本気で魚を釣るために、どう考察し、どのようなアプローチをしているか深く知りたければ釣り番組を見るのが一番。

釣りビジョンVODを無料で見る


釣りビジョンVODの2週間の無料見放題の登録方法はこちら⬇

要チェック
釣りビジョンVODは2週間無料見放題!【登録して最大限利用してみた】

続きを見る





-ルアーインプレ

© 2022 つぐたろう釣りBLOG Powered by AFFINGER5