ルアーインプレ

ヒラメへのアプローチ幅を広げるには【ビーチウォーカーアフレイド】

悩んでる人

ビーチウォーカーアフレイドってどんなルアー?どうやって使えばヒラメが釣れる?アフレイドの使用感を知りたい!

こんな悩みにお答えします。

こんにちはつぐたろうです。

今回は【Beach Walkeアフレイド】を紹介します。


アフレイドは遠浅サーフに有効なルアーで、サーフ用ルアーの中では「コロラドブレード、プロップ」が付いた変わり種のルアーです。




記事の内容

  • アフレイドはどんなルアーか
  • アフレイドの使い方
  • アフレイドのインプレ
  • アフレイドの釣果
  • アフレイドの水中アクションの映像




記事の信用性

私は遠州灘サーフ3年目のアングラーです。
豊橋サーフ、田原サーフでヒラメや青物を狙い、毎週1日はサーフに行っています。

そんな私がDUOのBeach Walkerシリーズ「アフレイド」について解説します。

アフレイドはどんなルアーか

公式ではこのように紹介されています。

"ボトムコンタクトさせない、シャロー攻略。"重いルアーで攻めきれないシャローエリアと波打ち際のヒラメを総取りする。

「リトリーブ中のボトムコンタクトによる機会損失の回避」「シャローエリアのスローリトリーブによるレンジキープ」「シンキングペンシルよりも遅い誘いと明確な操作性の実現」この3つを容易に行うために、ビーチウォーカープロスタッフの原田恭平が考案したのが、この“アフレイド”である。撹拌力を上げるためフロントにプロップとリアにコロラドブレードを搭載。明確な巻き抵抗を生むと同時に、よりスローな誘いが可能な仕様だ。

出典:DUO Beach Walker Afraid


大きな特徴

アフレイドには頭にプロップ(プロペラみたいな物)、お尻にはコロラドブレードが付いて、水中でクルクル回転しフラッシングによりヒラメにアピールします。




頭のプロペラのプロップにはワッシャーが噛ましてあるため、水を良く噛み、綺麗にクルクル回ります。

キャストする時にも風を受けてクルクルに回ってます、笑

このプロップはそれなりに強度が有り頑丈です。




魚に噛まれたり、軽くぶつけるくらいの衝撃で曲がるような事は無さそう。



リアに付いているコロラドブレードは丸みがあり、水中で良く回ります。

またこのブレードは個別で販売はしていないようなので、破損やサビてしまったときは、外すか別の物を付けるしか無さそうです。

私はアフレイドを使ってワンシーズン起ちますが、使った後に水洗いをしていれば、錆びてすぐにダメになってしまう事は無い。


よく見るとヒラメの絵が付いていてかわいい。



アフレイドのスペック

タイプサイズ
(mm)
標準自重
(g)
フック仕様メーカー希望
本体価格(円)
シンキング11027#4トレブル×2本

1.800




カラーバリエーション

出典:DUO Beach Walker Afraid






アフレイドの使い方

遠浅サーフで「ミノー、バイブレーション、ジグ」ではボトムにこすってしまうようなパターン。

また遠浅サーフに強いシンペンのルアーでは反応が無いときにはアフレイドの出番です。

そしてアフレイドは遠浅サーフでも、きっちり波打ち際までトレースが可能。


ただ巻き

基本はゆっくりただ巻きでOK。

ボトムに擦らないリトリーブスピードを見つけて、流れに沿わせるように流してみましょう。

ストップ&ゴー

ただ巻きでは反応が無い場合はストップ&ゴーも有効です。

アフレイドのフォールは、水平をキープしながらゆっくり沈み、また小さくローリングもするのでアピール力があります。



アフレイドのインプレ

飛距離

アフレイドの飛距離はおよそ50~60mくらいでしょうか。

正直あまり飛びません、しかし27ℊの重さとスリムな形状から、飛行姿勢も良く、キャストはしやすい。



使用感

プロップが水を噛み、丁度いい引き抵抗を感じられるのでスローに引ける。

スイムアクションは小さく、見た目ではアクションしてるか分かりにくいがナチュラルにアクションしている。


コロラドブレードは派手に回るのでアピール力有り。



こんな感じですかね?

正直私はあまりサーフでブレード系のルアーを使わないので、どうしてもアフレイドの使用頻度が下がりますが、色々なルアーを投げ倒して次何投げようか迷った時の一手として強いです。



アフレイドの釣果紹介

アフレイドの考案者、ビーチウォーカープロスタッフの原田恭平氏の釣果






ビーチウォーカーフィールドスタッフの飯島一貴氏の釣果








なんと、青物もアフレイドに反応するようです。






アフレイドの水中映像

アフレイドがどのように水中でアクションしているのか確認しておくだけでも、ルアーをどう使うかイメージが膨らむはずです。




まとめ

遠浅サーフでミノー、バイブレーション、ジグではボトムを叩いてしまい使い物にならない状況。

遠浅サーフに強いシンペンではヒラメの反応が無い。

しかし何とかしてヒラメを釣りたい‥‥。

こんな状況にアフレイドを持っていれば、アプローチの幅が広がり、最後に釣果につながるかもしれません。




最後に‥

ポイント

  • 釣りプロはルアーをどう使っている?
  • 釣りプロのルアーの使い分けは?
  • プロのポイント選びは?
  • なぜ自分は釣れないのか?

そんな方には、釣りビジョンVODがおすすめ。

釣りビジョンVODにはYouTubeには載っていない、ヒラメ釣りの第一人者堀田光哉さんのヒラメイトサーフ釣りのハウツー動画など数多くあります。

プロアングラーの方が本気で魚を釣るために、どう考察し、どのようなアプローチをしているか深く知りたければ釣り番組を見るのが一番。

釣りビジョンVODを無料で見る


釣りビジョンVODの2週間の無料見放題の登録方法はこちら⬇

要チェック
釣りビジョンVODは2週間無料見放題!【登録して最大限利用してみた】

続きを見る

-ルアーインプレ

© 2022 つぐたろう釣りBLOG Powered by AFFINGER5