ルアーインプレ

【ジグパラショート】使い方を解説。ジグが苦手な初心者必見!

悩んでる人

メジャークラフトジグパラショート良く使っている人を見るけど、どんなルアーなんだろう?初心者でも上手く使えるのかな?水中でどんなアクションをして、どう使うのだろう?

という疑問にお答えしていきます。


こんにちはつぐたろうです。

今回は人気メタルジグ。「メジャークラフトジグパラショート」について。

ぶっちゃけ私は腕が疲れるので、あまりジグは好きではありません。笑い

ですが、そんな私でも投げたくなるメタルジグ(ジグパラショート)なのでがっつり紹介していきます。



記事の内容

人気のルアーメジャークラフトジグパラショートについて、どんなルアーか、使い方や水中でのアクションについてまとめてみました。






記事の信用性

私は遠州灘サーフ2年目のアングラーです。
豊橋サーフ、田原サーフでヒラメや青物を狙って、毎週1日は最低サーフに行き、サーフ釣行をしています。多い週は毎日サーフ行くほどのアホです。笑い

そんな私がメジャークラフトジグパラショートの使い方について解説します。

ジグパラショートとはどんなルアー?

JP-s770x700

出典:メジャークラフト ジグパラショート

メジャークラフトが発売しているジグパラシリーズの「ジグパラショート」ジグといったらジグパラ、と言うほど知名度と人気のあるルアーで、その中でも幅広く扱え、どんな魚種でも狙えるジグパラショートは初心者から上級者まで愛用されているルアー。

公式によると

圧倒的な飛距離とあらゆるアクションに対応するハイポテンシャルジグ 

フィールド、ターゲット、アクションを選ばずあらゆる状況に対応するキング・オブ・スタンダードジグ、それが「JIGPARA」(ジグパラ)。ショアジギングにおいて飛距離が最大の武器となるのは言うまでもないだろう。その空気抵抗の小さいコンパクトシルエットは圧倒的な飛距離を生み出します。またハイピッチからスローまであらゆるジャークに対応する引き重り感の少なさと、喰わせのタイミングを誘発させやすいセンターバランスは使い手を選びません。その日の第1投目から最後の1投まで100%の信頼感でキャストできるド定番ジグの決定版です。

出典:メジャークラフト ジグパラショート

飛距離について

ジグパラショートはシルエットが小さく空気を切り裂くように飛んでいき、また飛行姿勢も真っ直ぐ飛ぶので飛距離はかなり良好です。

飛距離が求められるサーフではかなりの武器となる。

初心者でも扱いやすい

(引き重りが軽い)(簡単に飛距離が出る)(ただ巻きで食ってくる)の3拍子がそろっているので釣りを始めたばかりの初心者の方でも気軽に扱え魚を狙えます。

塗装が強い

ジグで良くある塗装が剥がれてしまうという問題も少く、塗装がとてもしっかりしている印象です。

歯が鋭い魚がヒットして少し欠けるようなことがあってもそこからパリパリ捲れて塗装ハゲが拡大しにくく丈夫です。

コスパの良さ

人気の理由と言っても過言でも無いのがジグパラショートの価格です。

安価な価格に対しフロントには日本製のオリジナルアシストフック、リアにはトリプルフックが標準装備されていてパッケージから出してすぐに使用できるのも人気の理由です。

ジグパラショートの水中アクション

ジグパラショートがどんな動きをするのか分からないとなかなかイメージが沸かないと思うので、ジグパラシリーズの水中アクションを比較してくれている動画があったので紹介します。

ジグパラショートの使い方

「ただ巻き」 「ジャーク」 「リフト&フォール」 スローからハイピッチまで、多彩な使い方ができさまざまな魚へのアプローチが有効で青物から根魚まで狙う事ができる万能ルアーです。

ただ巻き

水中アクションの映像で分かると思いますが、スローでも高速でもしっかりとテールをゆらしアピールしてくれます。

スローでは身体をハイピッチで大きく捻らせキラキラとフラッシングしながらアピールし、ジャカ巻きなどの早いリトリーブではキビキビと逃げ惑う小魚を演出します。

またストップ&ゴーもとても有効です。

ジャーク

青物や根魚などにワンピッチジャークなどがとても有効でただ巻きでは反応しなかった魚がよく反応してきます。

またリアフックがラインに引っかかりにくいので激しくジャークを繰り返してもOK。

水中アクションの映像でも分かるとおり、キビキビしたアクションとフォールを織り交ぜて魚に口を使わせます。

実際に私が使用するときもゆっくりめのワンピッチジャークを多様し、青物からフラットフィッシュまで幅広く釣り上げています。

リフト&フォール

ただ巻きやジャークで食ってこないときに有効です。

ジグパラショートのフォールは、水の抵抗を受けてヒラヒラフォールしたり、真っ直ぐフォールしたり状況によってフォールの姿勢は変化するようです。




ヒラメ釣りおすすめルアーはこちら⬇︎

要チェック
実際使ってみて良かったヒラメ釣りに最適なルアーおすすめ11選

続きを見る



ジグパラショートのインプレ

ジグ嫌いな私のインプレですが参考になれば、、、

  • 飛距離はとても良い
  • 引き重りが軽く疲れにくい
  • 青物の反応が良い
  • アクションが多彩
  • ライブベイトカラーがよく釣れる

ざっくりとこんな感じですかね、やはり私がジグパラショートを使うのは疲れにくいというのと、青物の反応が良いからという点が大きいです。

私だとベイトのシルエットがもうちょっと大きいようならぶっ飛び君などを使いますが、ベイトが小さくかつ反応が鈍いときはジグパラショートのライブベイトカラーを使うと青物からの反応がえられたという経験があるので釣行のたびに1度は使うようにしています。

それと色々な魚種が反応してくるので魚存在感を確認するときにも使ったりしています。

ジグパラショートのラインナップ

重さ・サイズ

  • 20g
  • 30g
  • 40g
  • 50g
  • 60g

重くなるにつれてシルエットは大きくなります。

カラー

20g / 30g / 40g が全28色
50g / 60g が20色

合計で48色のラインナップになります。

中でも私オススメのカラーがライブベイトシリーズ


本物のイワシやサバなどを模したカラーになっており、本物にかなりそっくりで魚からの反応も良いのでオススメです。

出典:amazon

メジャークラフトジグパラショートライブベイトカラー

まとめ:ジグパラショート

  • コスパ良し
  • 扱い安い
  • 狙える魚種多数
  • さまざまなアクション可
  • 重さ、カラー豊富

初心者~上級者まで誰にでも扱いやすく、コスパ最強、しかも狙える魚種も多数。

人気な理由がわかりますよね。

1つはルアーボックスにいれて置けば思わぬ釣果につながるかも。。

-ルアーインプレ

© 2022 つぐたろう釣りBLOG Powered by AFFINGER5