ルアーインプレ

ヒラメを誘い出す【Beach Walkerファルクラム】の使い方

悩んでる人

ファルクラムってどんなルアー?どうやって使えば良いか分からない、どんなアクションをしてるのか知りたい。

こんな悩みにお答えしていきます。


こんにちはつぐたろうです。

今回はDUOのBeach Walkerシリーズ「ファルクラム」について解説していきます。



ファルクラムはヘビーシンキングミノーで「飛ぶハイアピールルアーの動きが分かりやすい」パイロットルアーに最適なルアーなので詳しく紹介していきます。




記事の内容

  • ファルクラムはどんなルアー?
  • ファルクラムの使い方
  • ファルクラムの水中アクションの映像
  • ファルクラムとアクシオンの違い
  • ファルクラムのインプレ




記事の信用性

私は遠州灘サーフ2年目のアングラーです。
豊橋サーフ、田原サーフでヒラメや青物を狙って、毎週1日は最低サーフに行きサーフ釣行をしています。

多い週は毎日サーフ行くほどのアホです。笑い

そんな私がDUOのBeach Walkerシリーズ「ファルクラム」にの使い方について解説します。

ファルクラムとはどんなルアー?



DUOのビーチウォーカーシリーズから発売されたファルクラムはヘビーシンキングミノーで、ヒラメを釣るために開発されたルアー。


公式サイトではこのように紹介されています。

堀田光哉xBeach Walkerコラボ第二弾は、アクシオンとブランドの双璧を担うヘビーシンキングミノー『ファルクラム』。振り切れが良くブッ飛びのウエイトセッティングに、リップは水絡みに優れるベベルドリップを採用。高いレンジキープ力と心地よい引き抵抗を備えます。アクションは、ヒラメの食い気に刺激を与える、強いローリング+ときどきヒラ打ちイレギュラー。強いアクションが活性の高いヒラメをいち早くサーチするのはもちろん、飛距離と沈みの早さを生かしての離岸流攻略、瀬の裏側や急深サーフ、ブレイクライン狙いに活躍。波浪や向かい風等のラフコンディションにも対応します。

出典:DUO Beach Walker Fulcrum

ファルクラムのスペック

タイプサイズ
(mm)
標準自重
(g)
フック仕様メーカー希望
本体価格(円)
シンキングミノー9531#4トレブル×2本

1,800

ファルクラムの遠投性

ファルクラムは95mmのボディーに31gのヘビーシンキングミノータイプのルアーで、とてもよく飛びます。

横風にあおられても良く飛び、ミノータイプの中ではかなり飛ぶ部類に入ると思います。


私のキャスト能力でおよそ80Mぐらいは飛ばせていますので、上手い方ならもっと飛ばす事が可能だと思います。

ファルクラムの使い方

出典:DUO Beach Walker Fulcrum

ファルクラムは遠投性が良くミノータイプなのでアピール力強めです。

なのでパイロットルアーとして最適で、早巻きで手広くサーチし、反応のいいヒラメを探るのに適しています。

ただ巻き

ファルクラムはただ巻きでしっかりアクションを起こしブリブリとお尻を振ってアクションします。

また早巻きではベイトが逃げまどうような(平打ちアクション)を起こし、リトリーブに緩急をつけてあげる事でヒラメに捕食スイッチを入れ、誘い出します。

ストップ&ゴー

巻きスピードでアクションが変化するのでただ巻きでは反応しないヒラメに有効です。

リフト&フォール

ただ巻きやストップ&ゴーで反応が無い場合はリフトアンドフォールもオススメです。

ミノータイプですがフォールでも弱いローリングをするのでヒラメからの反応を得られます。


ファルクラムの水中アクションの映像

ファルクラムはブリブリと泳ぎ、ハイアピールでヒラメを誘い出します。


また早巻きではイレギュラーなアクションをおこし、ヒラメに食いの間を与えるので、活性の高いヒラメへの反応が良いです。

ファルクラムとアクシオン違い

ぱっと見両者とも似た見た目をしてます。笑

ファルクラムはミノー。

アクシオンはシンペン。

ファルクラムとアクシオンは双対をなすルアーとされています。

ファルクラムの方が少しリップが長く、リップ角もきつくなっています。

また重さもファルクラムのほうが1g重たく設定されています。

ファルクラムで手広く高活性なヒラメをサーチし、その後食い渋るヒラメをアクシオンで焦らして誘う。

このローテーションが効きます。

ファルクラムインプレ

ファルクラムはアクションが強く手元に伝わる情報が多いため、潮の流れや離岸流かどうか見極めるのにとても便利です。

なので初心者の方が離岸流の引き抵抗感などを覚えるにはとても良いと思います。

またハイアピールで活性の高いヒラメを誘い出してくれるので、パイロットルアーに最適。

しかし遠浅のサーフでは底にルアーが擦ってしまうので、2Mくらいは水深がある場所のほうが使いやすい印象です。

まとめ

  • 良く飛ぶ
  • ブリブリと動きハイアピール
  • ルアーの動きが分かりやすい
  • 活性の高いヒラメを誘う

ファルクラムは良く飛び、ただ巻きでヒラメが釣れる使いやすいルアーなのでぜひ使ってみて下さい。


最後に‥

ポイント

  • 釣りプロはルアーをどう使っている?
  • 釣りプロのルアーの使い分けは?
  • プロのポイント選びは?
  • なぜ自分は釣れないのか?

そんな方には、釣りビジョンVODがおすすめ。

釣りビジョンVODにはYouTubeには載っていない、ヒラメ釣りの第一人者堀田光哉さんのヒラメイトサーフ釣りのハウツー動画など数多くあります。

プロアングラーの方が本気で魚を釣るために、どう考察し、どのようなアプローチをしているか深く知りたければ釣り番組を見るのが一番。

釣りビジョンVODを無料で見る


釣りビジョンVODの2週間の無料見放題の登録方法はこちら⬇

要チェック
釣りビジョンVODは2週間無料見放題!【登録して最大限利用してみた】

続きを見る

-ルアーインプレ

© 2022 つぐたろう釣りBLOG Powered by AFFINGER5