ルアーインプレ

【Beach Walkerウェッジ140s】進化して美しく泳ぐ!

悩んでる人

ウェッジ140sってどんなルアー?どうやってヒラメを釣るの?どんなアクションをするルアーなの?

こんな悩みにお答えしていきます。


こんにちはつぐたろうです。

今回はDUOのBeach Walkerシリーズ「ウェッジ140sについて解説していきます。

ウェッジ120Sに続き、140mmに大きくなったウェッジ140S、アピール力抜群のかっこいいルアーなのでしっかりと紹介していきます。

記事の内容

  • ウェッジ140Sとはどんなルアー?
  • ウェッジ140Sのインプレ
  • ウェッジ140Sの使い方
  • ウェッジ140Sの水中アクション映像





記事の信用性

私は遠州灘サーフ3年目のアングラーです。
豊橋サーフ、田原サーフでヒラメや青物を狙い、毎週1日はサーフに行っています。

そんな私がDUOのBeach Walkerシリーズ「ウェッジ140s」について解説します。


ウェッジ140Sとは?

ウェッジ95S、120Sに続き、ウェッジ140Sは大型ベイトフィッシュパターン向けに進化したサーフ用ルアー。


公式ではこのように紹介されています。

単なるサイズ違いではない。浮遊感を持ったシンペンだ

名前はウェッジでも、形状も性格も異なるのが140S。踏襲したのは圧倒的な飛距離と扱いやすさのみ。140Sはただロングになっただけでなく、ボディ形状によりボリュームを増大。半端ないアピール力を獲得しました。それでいながら120Sよりも2gの自重アップに留めてあるために浮力を強めに残してあり、浮遊感を持った左右への大ぶりなスイングアクションとともにスローなシミーフォールを実現。よりスローに、より水平に近い姿勢で泳ぎ、大型ベイトを捕食するヒラメや青物に強い効果を発揮します。

出典:Beach Walker Wedge 140S

ウェッジ140Sのスペック

タイプサイズ
(mm)
標準自重
(g)
フック仕様メーカー希望
本体価格(円)
シンキングミノー14040#4トレブル×2本
2.100

ウェッジ140Sの形状

頭はスマートで細身な形状から真ん中のフックから一気に太くなっています。


このお腹のぽっこりで水の抵抗を受け、水平に泳ぐ事で海底に潜むヒラメにシルエットをはっきり見せる事ができるみたいです。


ヘビーシンキングペンシルはお尻下がりで泳ぐ物が多く、お尻下がりでルアーが泳いでいると見切られる原因になります、その点水平に泳ぐウェッジ140sは強い。


またしっかり水平にスイミングする事でフッキング率も高めてくれるようですね。

ウェッジ140sのインプレ

出典:DUO Beach Walker Fulcrum

遠投性

ウェッジ140sはウェッジシリーズの中ではダントツに飛びません。


見た目やウエイトなどのスペックを見ると良く飛びそうなのですが、ボディーの形状が140mmと大きくなっているのと、ふっくらしたボディのせいか横風や逆風にはめっぽう弱い印象です。


私のキャストが下手なのもありますが、およそサイレントアサシン129Sと同じくらいの飛距離だと感じます。

使用感

40gの重量があるが、巻き心地は軽く、巻き抵抗は少ない。


スイミング姿勢がお尻下がりにならず、浮かび上がりやすいので、遠浅サーフで使いです。


またルアーが大きく、シンペンの中ではアクション強めなのでアピール力が強い印象。


濁りが強い時などにぴったりです。

ウエッジ140Sの使い方

ウェッジ140Sは遠浅サーフや手前のブレイクに潜むヒラメを誘い出すのに有効です。


私はベイトが大きいパターンで、ミノーを投げたあとウェッジ140sにルアーチェンジして、ミノーに反応しなかったヒラメをサーチする時に使っています。

ただ巻き

基本ただ巻きでokです。

ボトムを取りゆっくりただ巻きで、しっかりアクションするのでヒラメにアピールしてくれます。

ストップ&ゴー

ただ巻きでは反応が無い場合は、ストップ&ゴーを試してみましょう。

ヒラメに食いの間を与える事で、反応が得られる事があります。

リフト&フォール

ウェッジ140sはフォールでもアクションをしてくれるので、リフト&フォールも行いましょう。

ユラユラとアピールしながらフォールをしてくれるので、怪しいポイントはリフト&フォールでアピールすると、ヒラメが食ってくれるかもしれません。

ウエッジ140sの水中アクションの映像

水中アクションの映像を見ておくと、自分がどのようにルアーを泳がしているのかイメージが付きやすいので見てみましょう。

まとめ

ウェッジ140sは飛距離は落ちるものの、大きなシルエットとシンキングペンシルの中ではアピール強めなアクションで大型ベイトを捕食しているヒラメを誘い出してくれます。


ベイトが大きな場合はかなり有効になりますので是非一度使ってみてください。

ウェッジ120Sについてはこちらのブログにまとめてあります。



最後に‥

ポイント

  • 釣りプロはルアーをどう使っている?
  • 釣りプロのルアーの使い分けは?
  • プロのポイント選びは?
  • なぜ自分は釣れないのか?

そんな方には、釣りビジョンVODがおすすめ。

釣りビジョンVODにはYouTubeには載っていない、ヒラメ釣りの第一人者堀田光哉さんのヒラメイトサーフ釣りのハウツー動画など数多くあります。

プロアングラーの方が本気で魚を釣るために、どう考察し、どのようなアプローチをしているか深く知りたければ釣り番組を見るのが一番。

釣りビジョンVODを無料で見る


釣りビジョンVODの2週間の無料見放題の登録方法はこちら⬇

要チェック
釣りビジョンVODは2週間無料見放題!【登録して最大限利用してみた】

続きを見る

-ルアーインプレ

© 2022 つぐたろう釣りBLOG Powered by AFFINGER5