ルアーインプレ

サーフの必需品ジャンプライズぶっ飛び君95S【インプレ】

ジャンプライズぶっ飛び君95Sってどんなルアーなの?

サーフで使えるのか、どうやって使うのか分からない。

どんな魚が釣れるの?

など、ジャンプライズぶっ飛び君95Sを使った事の無い、初心者の方向けにお答えしていきます。


私は遠州灘サーフ2年目のビギナーアングラーでそんなに上手ではありません、、坊主なんてざらです。泣。

そんな私だからこそ初心者の方の悩みや、釣れない辛さは良く分かります。

そんな私がジャンプライズぶっ飛び君95Sについて、遠州灘サーフで上手く使えるのかにフォーカスしてインプレをしていこうと思います。

もし良ければ参考にしてみて下さいな。

ジャンプライズぶっ飛び君95Sとは

ジャンプライズが出しているヘビー系シンキングペンシルで公式のスペックはこんな感じです。

  • 95MM
  • 27g
  • ハイピッチワイドスイング
  • フック、#4

95mmというサイズに27gのウエイトを持たせ、さながらジグのようなスペックだか、ひとたび水の中に入ると動きは完全にジグとは全く違い、しっかりとただ巻きで泳いでくれる優秀なシンキングペンシルです。


【井上友樹氏の開発秘話】】

ビギナーアングラーがジャンプライズぶっ飛び君95Sインプレしてみた

飛距離について

ぶっ飛び君という名前に負けず、本当に良く飛びます。

私の下手くそなキャスティングでもおよそ、80Mぐらいは飛びます。(ラインの色で大体計測)

キャストした瞬間に空気を切り裂くように、気持ち良く真っ直ぐ飛んでいくので私でも気持ちよくキャスティングでき、多少の風が吹いていてもしっかり飛んでいくのでコンディションが悪くても安心して投げれます。

サーフでルアー釣りをするなら1つは持っておきたいルアーです。

でもさすがにジグほどは飛ばないので、爆風や向かい風がキツい場合は投げれない時もあります。

アクション

動画は公式の物では無いですが、公式では【アクションは若干強めに設定したハイピッチワイドスウィング。フォールは水平ローリングフォール】とされています。

実際に使ってみると、しっかりとパタパタとアクションをしているのが穂先から伝わり、丁度良い引き抵抗を感じます。

フォール中も水平ローリングフォールをしてくれているので、リフト&フォールやストップ&ゴーも有効です、フォールスピードも速すぎず遅すぎずでとても使い安いです。

レンジ・泳層

ジャンプライズぶっ飛び君95Sは表層~底までさまざまなレンジ(深さ)で使う事ができます。

私はサーフで使用していますが、ボトムをしっかり取れるので、ルアーが沈む秒数をカウントすればレンジ分けができます。

まあほとんど私の場合はボトム着底→ただ巻き・リフト&フォールがほとんどなのであまりレンジ分けはしないのですが、青物などが回りで釣れ始めたりした時だけレンジ分けを意識しておこなっています。

釣れるターゲット

今の所私がぶっ飛び君95Sで釣れたのは、このソゲだけです、、泣き。

この時使ったカラーがサンライズチャートで、カラーがかっこよくてとても気に入っていたのですがソゲを釣ったあと根掛かりにより殉死しました。

私はまだソゲしか釣れていませんが、シーバス、青物、フラット系などさまざまな魚種が釣れます。

ジャンプライズぶっ飛び君95Sの使い方

基本的にはゆっくりのただ巻きでOKですが、いまいち反応が無い場合は、リフト&フォールやストップ&ゴーもぶっ飛び君95Sはかなり有効なので試してみるのをおすすめします。

私がソゲを釣った時もたしか、リフト&フォールでアタックしてきました。

初心者の方でも投げやすく、良く飛びそしてルアー自体がしっかりとアクションしてくれるのでとても扱い安いルアーです。

ぶっ飛び君95Sを使っていつか大物を、、、

お互い頑張りましょう。

ではでは。

-ルアーインプレ

© 2022 つぐたろう釣りBLOG Powered by AFFINGER5